?~~~ gigiのブログ ~~~?

- あこがれのかの国のベールがはがされていく学びの日々 -

見えない暴力 Qu'est ce que c'est la violence?

見えない暴力violence symbolique (Pierre Bourdieu) についてのレッスン。
参照 https://fr.wikipedia.org/wiki/La_Reproduction


障碍者を襲った事件がとりあげられました。
暴力が親切心と同居して存在することがある。。。
人とは複雑な感情を持った生き物です。


では、暴力とは何? その目的は?
定義 : 人を傷つけるもの暴力である。(肉体的に精神的に)
ここで言う暴力はいわゆる暴力とは少し意味が異なります。
傷ついていることに気づかせさえしないのも暴力というのです。
例えば、ある人にとって手に入らないとわかっているものをちらつかせることは、一種の暴力である。テレビの広告なども暴力と感じられる可能性がある。


こうしてみていくと社会の安定のための正当とされる関係がの中にも見えない暴力が定着している可能性はあります。例えば、領主と領民、親と子、医師と患者など立場として規定されているものにも見えない暴力は内在するかもしれない。


パンテオンに奉られている選ばれた人たち。国に「貢献」した人たち。
scientifiques auteurs sont nomé, les musiciens sont exclus. 音楽家は対象外。
どんな価値観のもとに「人選」したのか? 貢献contribuer も怪しい言葉となる。
マリーキュリーも一人で子育てしているお母さんも、とても貢献している。
そのお母さんを経済的に支えているのは独身の妹かもしれない。


公認されることで社会的立場が有利になる? 有利になるとはなんだろう?
Structural and Symbolic Violence Lecture.mov - YouTube
構造的、象徴的暴力について(英語)





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。