?~~~ gigiのブログ ~~~?

- あこがれのかの国のベールがはがされていく学びの日々 -

France2 新しいタイヤの原料はタンポポから!!

ゴムの木に代わる新たな原料が開発されて栽培が試みられている。

タンポポの一種で、ひとつはメキシコの砂漠原産で水やりも殺虫剤も不要。

もうひとつはカザフスタン原産でタンポポによく似ている。


モンペリエで栽培が始まった。樹皮(écorce)の部分に含まれる成分がゴムになる。

必要なのは煮溶かす水だけ。タイヤなどの原料として自国での供給をめざしている。

多大な収益が見込まれ、既にオランダでは生産が開始され、アメリカでも商品化されている。目標はゴム原料輸入の10%を代替すること。


ゴム        caoutchouc

タンポポ pissenlit  (la guayule)

樹皮        écorce


記事 :                                   クリック  ↓

フランス2から video Découverte : des pneus en pissenlit

フィガロ紙の記事から Le pissenlit, nouvel avenir du caoutchouc ?

日本語の記事はこちら タンポポからタイヤをつくります。タイヤ各社が代替材料を開発中



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。